LABRICO(ラブリコ) 2×4 アジャスターで空間を最適化する

シェアする

LABRICO 2x4 アジャスター

空間の有効利用には棚がイチバンです。しかし、意外と見つからないのが「これ!」という棚。

ホームセンターや家具を扱うお店に向かっても、デザインは良いのにサイズが合わない、サイズは合うのに棚の段数が違う、サイズも容量もバッチリなのにデザインがイマイチ…などなど、好みの棚と出会うのはかなり難しいものです。

賃貸住宅に住んでいると、引っ越しという悩みもつきまといます。うかつに大型家具を買ってしまうと、部屋から出すのも新居に移すのも大変。労力や費用面で大きな負担になります。

それならば、作ってしまいましょう!

ジャストサイズで、棚の段数も自由に変えられて、色も好きに塗り替えられて、設置も撤去も簡単な、とっても自由度の高い棚です。

材料は2×4材を基本にした木材。そして、LABRICO(ラブリコ) 2×4 アジャスター。

あとはお部屋に壁と天井があれば大丈夫です。

LABRICO(ラブリコ) 2×4 アジャスターとは?

LABRICO(ラブリコ) 2×4 アジャスター(以下、ラブリコ)は平安伸銅工業株式会社が製造する、2×4材用の突っ張りパーツです。

ラブリコを使うメリットは、設計の自由度が高くて、設置・撤去が簡単な棚ができるという点。それから、部屋の躯体を傷つけることなく、壁面収納を実現できることです。

ディアウォールとの違い

ラブリコと双璧を成す2×4 アジャスターには、若井産業株式会社のDIAWALL(ディアウォール)があります。

両者には外見と突っ張る仕組みに違いがありますが、2×4材などを用いて壁面収納を実現するという機能は同じです。

我が家では、見た目が直方体に近くスッキリしていて、手動で突っ張りを調整できるという理由でラブリコを選びました。

(実際に使用したことがないので、ディアウォールについてはレビューを控えます。)

ラブリコの使い方

ラブリコの使い方は簡単。2×4材の天地にパーツを取り付けて、部屋の壁面に垂直に立てかけて突っ張るだけです。
LABRICO 2x4 アジャスターの使い方

「垂直に立てる」のは目視だと難しいので、少なくとも水平器は用意しておいた方が良いでしょう。iPhoneの計測アプリでも代用できます。

ラブリコの使用例

最後に、ラブリコを使用した棚の作成例を3つ、自身のInstagramからご紹介します。

キャットウォーク

スタンディングデスク

いずれも2×4材を3本を支柱にしており、それぞれに棚柱(ガチャ棚)を取り付けて棚の高さを変えられるようにしています。

収納するモノの大きさが決まっていれば、棚柱は不要です。その分、コストが抑えられます。

今後、作成例の設計・材料についてそれぞれの記事をアップ予定です!

以上、LABRICO(ラブリコ) 2×4 アジャスター についてのご紹介でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク