究極の落書きパッド|boogie board(BB-1GX)

シェアする

boogie board BB-1GX

【購入日】2018年11月2日

【購入価格】2,788円(税込)

長崎市内の文房具店・石丸文行堂にデモ機があったので、何気なく手にとって試し書きをしたところ一目惚れしてしまいました。特に用途は決めていなくても、何かと使いみちが見つかるboogie board(ブギーボード)のご紹介です。

boogie board(ブギーボード)とは何か?

ブギーボードは、何度でも書いて消せるデジタルメモパッドです。

ラインナップは複数あり、性能・仕様に応じて価格帯もさまざま。といっても共通のコンセプトは「何度でも書いて消せる」「記録・保存の機能はない」の2点だけなので、あとは見た目やお財布と相談して選ぶと良いでしょう。

ちなみに、ブギーボードの開発元は米国Kent Displays社。日本国内ではキングジムが販売代理店を務めています。

公式サイト米国Kent Displays社

公式サイトキングジム

boogie boardのここがすごい!

書き心地は紙とペンそのもの

何と言っても書き心地が素晴らしい。所詮デジタルやろ〜?と侮ることなかれ、紙にペンで書いている感覚と遜色がありません。

デジタル媒体に文字を書くといえば、お店で「重要事項説明を受けました」のサインをタブレットなどに求められたときの苦い経験を思い出しませんか?

きっとスタイラス(ペン)が画面の上をうまく滑らず、ぐにゃぐにゃの文字を書いてしまったことがあるでしょう。書き直しさせてくれい!と強い衝動に駆られる瞬間ですね。

ブギーボードの場合はというと、これがデジタルなのか…と驚くほどの書き心地です。滑らかさはもちろん遅延もないので、まさに紙とペンの感覚で文字が書けます。意図せずぐにゃぐにゃの文字が仕上がることもありません。

筆圧感知が秀逸

付属のスタイラス1本で、細い線や太い線を書き分けることができます。

スタイラスは全身樹脂製。先端にセンサーなどは付いていません。つまりボード側だけで筆圧を感知する仕組みになっているのですが、これが絶妙。

ペン先をぐっと押さえれば滲み、さっと走らせれば速い線が描けます。不思議なもので、鉛筆だと思いながら書けば鉛筆のような硬い線、サインペンだと思えば丸く柔らかい線、筆ペンだと思えばトメ・ハネ・ハライが表現できるのには驚きました。

筆圧や運筆の速さまでもストレートに表現できるので、描いている間はブギーボードがデジタル製品であることを忘れる瞬間があります。

boogie board(BB-1GX)のスペック

あれこれ検討した結果、Amazonで価格の安いBB-1GXを購入することにしました。

キングジム ブギーボード 電子メモパッド BB-1GXクロ クロ

キングジム ブギーボード 電子メモパッド BB-1GXクロ クロ

2,704円(01/16 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

購入から2ヶ月ほど経過してレビューを書いていますが、今のところ困ったことは起こっていません。以下、BB-1GXの特徴を列挙します。

内蔵電池で駆動

BB-1GXは内蔵電池で駆動しており、電池が切れた場合のバッテリー交換はできません。が、バッテリー交換不可とはいえコストパフォーマンスは驚異的です。

カタログによれば、内蔵電池による消去回数は約5万回。BB-1GXは消去する動作でのみ電力を使うらしいので、1日10回消去しても年間で約3,650回。

このペースで約50,000回の消去回数に至るには、単純計算で約13年が必要になります。年間の保有コストは200円台!

上位機種では電池交換可能なモデルもあります。

書いた内容の保存はできない

冒頭に書いたように、ブギーボードは書いた内容の保存はできません。残しておきたい場合は、スマホやカメラで撮影しましょう。

ブギーボードに下書きしておいて、手帳に清書するのも一手。

消去は全体のみ

ブギーボードはerase(消去)ボタンを押すと、画面全体が一括消去されます。これはどのモデルにも共通の仕様で、書き損じたところを部分的に消すことはできません。

間違えたときは、手帳にボールペンで書いているときのように二重線を引くか、グシャグシャと紙を丸めるつもりでポイっと消去ボタンを押しましょう。

boogie boardの用途

ブギーボードの特徴である「何度でも書いて消せる」「記録・保存の機能はない」の2点を踏まえると、日常的に書いて(描いて)、かつ短時間で捨てている紙の代わりに使えそうです。

ToDoリスト

付箋やノートの代わりにブギーボードを使ってみましょう。「これから1時間で片付けるタスク」「今日1日でやることリスト」をずらっと書き留めておき、完了したタスクから横線を引いて消していく。全部終わったら、eraseボタンを押して一括消去!お疲れさまでした!

Todoリストの例

レシピメモ

料理中、調味料の分量をメモしておけばチラ見できて便利。iPhoneやiPadでも代用は可能なのですが、好きな大きさで文字が書けるのは読みやすくて良いです。

レシピメモの例

電話メモ

電話中のメモなどは、短時間で役割を終える最たるものではないでしょうか。聞き取った日付・名前・電話番号など、体裁を気にせず殴り書きしましょう。

持ち歩いておけば、外出先で割り箸の袋の裏を使うといった苦肉の策も、封印されることでしょう。

電話メモの例

伝言板

職場PCのスクリーンセーバーに「現在、ミーティングのため離席中です。16時までに戻ります。」などと設定していた時代もありました。ブギーボードはその代用品になりそうです。

家庭では入れ替わりで帰ってくる家族のために、おやつの場所やレンジで温めるべきおかずを書き残しておくことができますね。

伝言板の例
機種によってはeraseボタンの動作をロックできるモデルもあります。伝言板用途で使うなら、ロック機能ありのモデルを選んでおく方が無難です。

筆談

スケッチブックやホワイトボードを使って書いて・消してを繰り返す方法もあると思いますが、A5サイズの大きさで110gの重さは携帯性が抜群。取り回しや持ち歩きのしやすさでは、ブギーボードに軍配があがるでしょう。

筆談の例

boogie boardは落書きに最適

書いて・捨てる最たるものといえば…落書き!

とりとめもない内容でも、とりあえず手を動かしているうちに、思わぬアイデアが生まれたりするものです。ちょっとした気分転換にも最適。

残しておきたくないネタ帳

口に出す前に、まず書いてみることをオススメします。吟味するのです。

いったい何人来るのか…

お絵かき

何度でも書いて消せるので、気晴らしにスケッチ。鉛筆のような線が描けるので、仕上がりにアナログな雰囲気が漂います。

ちょっと古いAudiのロゴを落書き
マグカップのウッドストックを落書き

boogie boardには向かない使用例

念のため、boogie boradの使用には向かない例も挙げておきます。

アンケート用紙や集計

アンケート用紙には不向きです。回答者が間違えて回答してしまった場合、修正できません。
アンケート用紙の例
アンケート内容の集計作業にも不向きです。うっかり数値を書き間違えてしまうと、すべて消去して、最初から書き直さなければいけません。
アンケートの集計には向きません

著名人のサイン

著名人にboogie boardにサインを求めることは控えるべきです。最低限の礼儀として色紙を用意しましょう。
サインを求めるのは控えましょう

フリップ芸

フリップ芸には不向きです。オチに至る枚数分のboogie boardを用意する必要があり、経済的ではありません。

以上、boogie board(BB-1GX)のレビューでした。

キングジム ブギーボード 電子メモパッド BB-1GXクロ クロ

キングジム ブギーボード 電子メモパッド BB-1GXクロ クロ

2,704円(01/16 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク