【iPhone】標準アプリで超簡単な写真の逆光補正

シェアする

iPhone標準アプリで逆光補正

逆光でも迷うことなくシャッターを切りましょう

ネコを被写体に収めるにはタイミングが命。「今撮りたいけど、逆光だ…」などと躊躇していたら、シャッターチャンスはメタルスライムのような速さで逃げていきます。

下の写真は、日中の窓際にたたずむネコを、逆光とわかっていながら何の迷いもなくiPhoneで撮影した1枚です。

なぜ、何の迷いもなかったのかって?

それは、iPhone標準アプリでとっても簡単に逆光補正できてしまうから。
逆光補正前

iPhone標準の「写真」アプリで逆光補正

「写真」アプリで編集

逆光補正したい画像を選び、画面右上の[編集]をタップします。
逆光補正_画像の編集

[ライト]を調整して逆光補正

画面下部に並ぶアイコンのうち、右から2番目のアイコンをタップ。

続けて表示されるメニューから[ライト]をタップします。
逆光補正_ライトの調整1

[ライト]の右端にあるアイコンをクリックすると、[ライト]を構成する詳細な項目について数値を見ながら調整できます。が、そこまでやらなくとも逆光補正は可能です。

プレビューが表示されるので、希望の明るさになるまでスワイプ(スライド)します。
逆光補正_ライトの調整2

はい、完成!

経験上、思い切って90%くらいまでスワイプすると、見やすい画像に補正できます。
逆光補正_完了

画像の比較

比較のために、逆光補正前の画像と逆光補正後の画像を並べておきます。

逆光補正(前)

逆光補正前

逆光補正(後)

逆光補正後
簡単な操作でここまで見やすくなりました!

iPhoneの標準アプリなので操作は簡単。もちろん無料なので、特別な画像レタッチアプリを購入する必要もありません。

これからは、たとえ逆光でも迷うことなくシャッターを切りましょう。「慌てて撮った写真が逆光で暗かった」「今さら撮り直すこともできない」といった場面で試す価値あり!

以上、iPhone標準の「写真」アプリで簡単に逆光補正するやり方でした。

シェアする

フォローする