【Excel関数】ISBLANK関数

シェアする

ISBLANK関数アイキャッチ

関数の機能

ISBLANK関数は、指定した単一セルが空白であるか/空白でないかを判定します。

関数の使い方

書式

=ISBLANK(範囲)

範囲には判定対象のセルアドレスを入力します。
範囲に指定できるセルアドレスは単一セルのみです。一度に複数のセルを指定することはできません。複数のセルを指定する場合は、AND関数またはOR関数を併用する必要があります。

戻り値

True/False

関数の使用例

範囲(単一セル)の空白判定

範囲には空白の判定をする単一セルのアドレスを入力します。

▼指定したセルが空白の場合(True)
範囲に指定したセルに何も入力されていない場合は、Trueを返します。

例の場合は、セルA1が空白かどうかを判定し、Trueを返しています。
指定範囲が空白の場合

範囲(複数セル)の空白判定

範囲の起点セルと終点セルを「:」で繋いでも、判定の対象となるのは起点となる単一セルのみです。

例の場合、セルA1のみが判定の対象となり、セルA2は無視されます。
範囲指定したセルの評価

指定した範囲が全て空白かどうかを判定する

指定した全てのセルが空白かどうかを判定するには、AND関数で連結します。

AND関数で連結

指定した範囲の一部が空白かどうかを判定する

一部のセルが空白かどうかを判定するには、OR関数で連結します。

OR関数で連結

シェアする

フォローする